+++スポンサーサイト+++
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP
+++THE POLAR EXPRESS+++
昨日はダァと付き合って2年7ヶ月やったぁ
ちょっと今あやがダァを怒らせてしまったけど・・・
ので、恒例なDVD見ましたぁ
THE POLAR EXPRESS

ちょっと怒らせちゃってへこんでるので適当に書きます

polar_poster.jpg



ブログランキング参加中
ストーリーは
クリスマスイブの夜、少年はベッドの中でじっと耳をそばだてていた。
クリスマスなんて、もう信じない。サンタがやってくるなんて……。
それでも去年のように、待ってみた。
やっぱり鈴の音は聞こえない。
真夜中まであと5分――。時計の針が11時55分を指した、その時だ。
少年は突然の轟音を耳にした。
思わずベッドから跳ね起き、窓辺に駆け寄ると、そこには信じられない光景が!
降りしきる雪の中、サーチライトを夜空に向け、もうもうと白い煙をあげながら、
黒光りする巨大な蒸気機関車がこちらに向かって近づいてくるのだ。
その機関車は、少年の家の前まで来ると、ぴたりと停まった。
パジャマのまま表に飛び出した少年を待っていたかのように、車掌が問いかけた。
「キミも、一緒に来るかい?」

北極点行きの急行「ポーラー・エクスプレス」。
車掌はそう言ったが、目の前の出来事も、車掌の言っていることも、すぐには信じられない。
早く乗車するようにとすすめられても、まだ迷っていた。
「乗客者名簿にはキミの名前が載っているけど、キミの好きにすればいいさ」
車掌の一言を残して動きだした汽車に、少年は飛び乗った。
車内にいた大勢の仲間たちと一緒に、そのとき、少年の旅が始まった――!
知ったかぶりをする男の子、何かを言いかけてはやめてしまう女の子。
最後に乗り込んできた男の子は、ずっと黙り込んだままだ。
そして少年は、いまだに自分の身に起こっていることが信じられずにいた。
それぞれの思いを乗せて、ポーラー・エクスプレスが走る!
期待に胸を弾ませている仲間たちも、汽車の行き先が気になる少年も、
その先に何が待っているのかは、想像もつかなかったけれど……!


というものです
内容はなかなかおもしろかったです




このまま別れることになっちゃったらどぉしよぉ~~~
そればっかり頭の中をまわってて・・・はゎゎ・・・
うざくてごめんね



ブログランキング参加中
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2006/04/06 21:42 movie | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP
<<デートバトン | ホーム | 恋愛バトン>>
comments
----
どーも!

いいですね!かなり見たいです!借りてこようかな?

なにがあったかよくわかりませんけど元気だしてくださいね。
では、また!
2006/04/07 00:38URL | しかちー #-[ 編集] | TOP
----
しかちーさんe-420
はい、借りる価値アリですよi-179ぜひ見てみてくださいi-185

ありがとうございますi-175元気だしますねi-237
2006/04/07 09:34URL | あや #-[ 編集] | TOP
--ポーラー--
あややぁぁぁv-238来ちゃったよぅvvカワイイねぇ。ピンクでアシェリーとか洋楽系沢山あるねぇvvポーラーエクスプレスみたよぉvvCGがすごいからハラハラするよねぇ~。
2006/04/07 15:56URL | 藍花 #-[ 編集] | TOP
----
藍花e-420
きゃぁ~i-237藍花ぁi-175来てくれてありがとぉっe-420
藍花も見たんやぁi-185うんうん、ありえへんくらいCGすごいやんねぇe-420
2006/04/07 20:41URL | あや #-[ 編集] | TOP
----
ねぇ③めっちゃCG凄かったぁv-237 そぅ②あやにバトンまわしたからよかったらやってみてねぇv-238
2006/04/10 12:04URL | 藍花 #-[ 編集] | TOP
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://honeyrosypig.blog55.fc2.com/tb.php/44-56be34e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

♡ブログ内検索♡

♡RSSフィード♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。